離婚に準じる内縁関係解消、どうなる子供の養育費?

子供

内縁の妻(夫)と関係を解消した場合、もし二人の間に子供がいたら養育費の支払い義務はどうなるのでしょうか?

内縁は事実婚ですので、離婚とは違って関係を解消するのに法的な手続きはいりません。しかし、慰謝料・養育費などの財産に関する処置は離婚に準じた扱いとなりますので、基本的には当事者同士の協議で決定し、話し合いがまとまらない場合は調停や裁判をすることができます。

よくもめるのは子供の養育費です。

内縁の夫が子供を認知していれば、父子関係が成立しますので、法律婚の場合と同じように扶養義務が生じ、子供の出生まで遡って養育費を請求することができます。しかし、これらの義務を負いたくないがために夫が認知しない場合は事情が複雑になります。

夫が義務から不当に逃れたために、妻が子供を抱えて経済的・身体的にボロボロになるケースが後を絶ちません。

話し合いがこじれてお悩みの方は、離婚問題専門の弁護士に一度ご相談ください。

離婚率が高い実家依存症、あなたの家族は大丈夫?

医学的には証明されていないのですが、いわゆる「実家依存症」を配偶者に持つ人は離婚に至る確率が高いそうです。

実家依存症とは、親子間の依存心が強いあまりに、他者との関係を蔑ろにする傾向を言います。特に、結婚してからも夫婦関係よりも親子関係を優先するのでトラブルになりやすく、子供ができると配偶者との間に生まれた家族の一員としてではなく、自分の実家側の一員であるという意識が強く働きます。

残念ながら医学的根拠のない実家依存症は、家庭裁判所の調停で考慮される望みは薄く、単に「性格の不一致」で片づけられて議論の余地なく離婚に至るケースが多いそうです。

特に実家依存症が妻の側にある場合、母性優先の原則によって妻側に有利な方向へ話が進みがちです。弁護士を立てている場合はなおさら夫が不利になります。加えて実家依存症は妻の側に多いとも言われていますので、相手方の実家からも干渉を受けている場合は、離婚問題専門の弁護士に相談されるほうが賢明だと思います。

Comments are disabled

© 2017 離婚・浮気調査の探偵屋さん. WP Castle Theme by Just Free Themes