弁護士相談事例 裁判で認められる離婚理由

弁護士が離婚協議や調停に関わっても話し合いがまとまらない場合、最終的には裁判を行うことになりますが、あらかじめ裁判で認められる離婚理由にどのようなものがあるかを知っておくと、裁判まで弁護士に協力をお願いするかどうかを決める判断材料になると思います。

1.不貞行為がある場合
2.正当な理由なく同居、協力、扶助義務を放棄した場合
3.相手が3年以上生死不明の場合
4.相手が回復の見込みがない強度の精神病にかかっている場合
5.その他婚姻関係を継続しがたい重大な事由がある場合

これら5つが裁判で認められる離婚事由です。

弁護士への相談事例で最も多い「性格の不一致」は、5の「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」に該当すると判断された場合に限り、認められることになります。夫婦間で性格の不一致があるのは当然で、互いに尊重しあって生活するべきですので、性格の不一致によって結婚生活が修復不可能なほど破綻したという事実と因果関係がなければ離婚は認められないでしょう。

Comments are disabled

© 2017 離婚・浮気調査の探偵屋さん. WP Castle Theme by Just Free Themes