弁護士に離婚調停を依頼するときに間違えてはいけないこと

夫婦でしっかり話し合った上での協議離婚ならまだしも、冷静に話し合える状態でない場合は弁護士に依頼して早期解決を図るのが、お互いのため、そしてお子様のためではないでしょうか。

しかし、離婚調停を弁護士に依頼する際に多くの方が勘違いをされています。確かに離婚問題の取り扱い経験が豊富な弁護士は頼りになりますが、本来は当事者同士で話し合うのが離婚調停の原則ですから、調停に同行して出席してもらうからといって依頼者自身は欠席するというのはよほどの事情がない限り避けるべきです。

本人不在の調停は、相手方に対する誠意を欠きます。それはご自身にとって不利な結果につながると心得ておきましょう。

また、受任してくれそうだけれど、離婚相談はあまり多くないという弁護士なら相談だけにしておくのが良いかも知れません。もし訴訟まで続くようなら長い付き合いになりますし、一層の信頼関係が必要です。何人か相談された上で一番印象の良かった弁護士を選ばれることをお勧めします。

Comments are disabled

© 2017 離婚・浮気調査の探偵屋さん. WP Castle Theme by Just Free Themes