慰謝料請求が大幅減額!離婚弁護士への相談事例

離婚協議で必ず問題になるのが慰謝料です。請求する側は、慰謝料が少なくてもいいから早く離婚したいと思うかも知れませんし、請求される側は、慰謝料が高くてもいいから早く離婚したいと思うかも知れません。

けれど、慰謝料は離婚の原因を作った相手から受けた精神的苦痛を癒すために支払われるものですから、金額の決定には相応の根拠が必要になります。別れたいという気持ちを主張したからといって必ずしも金額が変わるとは限りません。

請求する慰謝料が認められるためには、離婚問題に精通した弁護士に相談するのが一番です。訴訟を起こさずとも相手と交渉して300万円の支払いを認めさせた事例があります。逆に、請求された慰謝料を撤回もしくは大幅に減額させたい場合も同様です。弁護士に相談したことで、200万円の請求を10万円まで減額して示談が成立した事例があります。

つまり、交渉の材料を引き出せるかどうかがポイントなのです。弁護士を味方につけると、交渉を有利に運べる可能性がグッと上がります。

Comments are disabled

© 2017 離婚・浮気調査の探偵屋さん. WP Castle Theme by Just Free Themes