離婚の弁護士費用は二階建て

-shared-img-thumb-PASONA_29_TP_V3

離婚弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用は二階建てだということをご存じでしょうか?全国約1000の弁護士事務所のホームページを調べた結果、離婚調停を依頼した場合の弁護士費用は平均約60万円です。例えば、着手金30万円と成功報酬30万円といった具合です。

しかし離婚の成立とは別途、慰謝料や財産分与などの有無によっては、追加費用が発生することがあります。調査によると、着手金と報酬金の両方が二階建てになる弁護士事務所と、報酬金だけが二階建てとなる弁護士事務所があるようです。

後者の例では、財産分与で800万円を得た場合、離婚調停に関する着手金30万円と報酬30万円の合計60万円とは別途、財産分与の10%に相当する80万円の報酬金が発生し、全体で140万円になります。

このように、離婚問題に関しては費用の計算が二階建てとなるのが一般的ですので、弁護士を依頼するときは、いつどのタイミングでいくら費用が発生するのかを必ず最初に確認しておきましょう。

離婚トラブル防止策|離婚協議書を弁護士に依頼

親権や財産分与など、互いの利害が真っ向から対立しがちな離婚協議。もし当事者同士で話し合いがまとまったとしても、離婚協議書の作成で失敗するケースがあります。

「話し合いは終わっているし、後は書類だけなんだからインターネット等で調べながら作成すれば大丈夫だ」と思われる方が多いようですが、離婚事情は十人十色です。インターネット等で入手できる一般的な情報だけでは不十分なのです。

また、仕事が忙しいからといって相手に協議書の作成を任せるのも不安が残ります。お金に関わる清算条項等に記載不備があると、離婚成立後に相手から調停を申立てられるなど、トラブルが再燃するリスクがあります。

協議書の作成は離婚の最後の詰めです。ここを正確・確実・迅速に行わなければせっかくの苦労が水泡に帰してしまいかねません。協議書の作成は離婚問題の取り扱い経験豊富な弁護士に依頼すれば安心です。トラブルが起きないよう、証拠力の高い公正証書を作成してもらうとなお安心です。

© 2016 離婚・浮気調査の探偵屋さん. WP Castle Theme by Just Free Themes